♪ Kopelani通信 ♪
~ハワイ島、コナ~ ここは世界でも有数のコーヒーの産地。 その中でも完全オーガニック、最高級のコーヒー 「コペラニ」を通して、ハワイのすごさ、素晴らしさを ハワイに住むLeihanuがお届けします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間たちがそうしてしまったこと
先日、訪れたカウアイ島。

普段住み慣れたオアフ島とは、まったく違うエネルギーをもつ島。


人々が住むハワイ諸島のなかで、一番古い島だからなのだろうか、
それとも、大昔にこの島を支配していた権力者(Ali‘i)たちが
ちゃんと島に敬意を表しながら生きていたからなのだろうか、
この島のマナ、エネルギーはとても強く、そして安定している。

幼い頃、祖父母の家を訪れたときの、その感覚と似ている気がした。


とても、大きく、偉大で、そして温かい島、カウアイ島。

大自然を残し、島の呼吸の音、脈打つ躍動感さえ感じる。


見渡す限り、キラキラと輝くタロ畑や
想像を絶するワイメアキャニオン、
人々が島を愛し島と共に生きている暮らしぶりを垣間見たとき、
ふと思った。


私達が、『オーガニック』と名づけたその作業も、
大昔からしてみたら、当たり前のこと。

人間達が、生産性や便利性を優先させ、安全性や自然への脅威を無視して
施してきた農薬や生産システムのせいで、
わざわざその当たり前の無農薬・有機栽培なんてものが、逆に現在
『オーガニック』という名前をつけて見直されている。


原点に立ち返る、これはすべてのことにおいてとても大切なことだと思う。

生態系を無視して、自分達の都合のいいように
欲に任せて発展してきた私達のこの社会も、
ようやく何がたいせつなのか、気づき始めた時代なんだなぁと感じた。



そんな当たり前なことを、なにも言わずにその姿から教えてくれる
それが、カウアイ島なのだ。


この島でも有名なコーヒー農園がある。
私も以前、ここのコーヒーを好んでよく飲んでいたことがある。


今回、島をドライブ中に、その農園のたて看板を・・・・
というよりその農園をみた。

そう、カウアイ島に唯一ある主要道路の脇に広がるコーヒー畑。
そのコーヒーの木の下には、農薬で枯れた雑草たち。


自分が、毎日口にするもの、それがどこでどのように作られているか
いちいち見に行くなんてこと、できやしない。

でも、たまたま目にしてしまうと、吐き気やめまいがおそってくるようなケースもある。


排気ガスを撒き散らしながら真横で車がびゅんびゅん走り、
農薬により枯れた雑草たちが足元に敷き詰められている中で、
きちんと整列して生えているコーヒーの木たち、なんだかかわいそうに思えた。

それほどまでにしても、コーヒーの実をつけなくてはいけないその木たちの
心境ってどんなものなのかなぁ・・・・と、悲しく思い、そして
そうさせているのは、わたしたち人間たちなのだということも、思い知らされる。


手間がかかっても、時間がかかっても、自然の道理にかなった生き方
成長の仕方をしていかないといけない時代なのではないのかなぁ。



それは私達、人間たちの生活や生き方も同じことがいえるのではないのかと、
この島、カウアイ島に耳打ちされたような気がした。

DSC05154.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kopelani.blog129.fc2.com/tb.php/36-d7c90f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leihanu

Author:Leihanu
♪Kopelani通信♪へようこそ!

Leihanuと一緒に
ひとときのコペラニ・タイム♪

コペラニとはハワイ語で
Kope=コーヒー
Lani=天国 です。

いい香りの天国のコーヒー
「コペラニ」とともに
ごゆっくりどうぞ♪



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。