♪ Kopelani通信 ♪
~ハワイ島、コナ~ ここは世界でも有数のコーヒーの産地。 その中でも完全オーガニック、最高級のコーヒー 「コペラニ」を通して、ハワイのすごさ、素晴らしさを ハワイに住むLeihanuがお届けします♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒に生きていくということ
Aloha!

Leihanuです♪


みなさま、お元気ですか?
今日も、コーヒーの話はお休みして
Leihanuが、ある人から言われた言葉によって
気づかされた大切なこと、みなさまにシェアしたいと思います。


勝手な、Leihanuの独り言ですので、
興味のある方、お暇な方、どうぞよんでみてください。(^^)


最初に申し上げますが、「Kopelani」や
私のお仕事とは一切関係ありません。


Leihanuの個人的な一人の人間としてのひとり言ですので、あしからず。。。


ちょっと内容が重いかもしれません。

なにいってるんだぁ?!って思う方、今回はすっとばしてください。(^^;)


☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆

ハワイは太平洋の真ん中に浮かぶ島。
この島にはたくさんのエネルギーが集まる。
人の潜在能力がハワイにいることによって、いっそう高まったりもする。


そんなハワイには、いろんなスピリチュアルな力を持っている人がいて、

それをお仕事に生かして活躍してらっしゃる人も大勢いらっしゃる。


そのうちの一人の方が、最近どうしても気になって会いに行ってみた。
もちろん、彼女のお店に、お客として。


今回、その店に行くのは3回目。


忙しそうに接客をして働く彼女を、すこしはなれたところで待っていた。


・・・・なんか、いつもと違う。


彼女が焦っているのか、疲れているのか、機嫌が悪いのか
ピリピリした空気がこっちにまで伝わってくる。


わたしは、出直そうかと思ったのだけど、
一緒にいた友人が、「待とう」と言ったので待つことにした。

やっと、接客がおわって、彼女が私たちに気づく。



私のほうにむかって口を開いた彼女の言葉が、ものすごく冷たく私に刺さった。
わたしは、帰ろうかとも思ったのだけど、
とりあえず、おそろしく怒りに満ちた彼女が心配になり
休憩したほうがいいのではないか、
少し気持ちを落ち着かせてゆっくりしたほうがいいのではないかと、彼女に伝えた。

(もしかしたら、この言葉が余計に気に入らなかったのかもしれない)



「で、今日は何?」と聞かれたので、一応、話をすることにした。



彼女の態度は前の2回とはまったく違う、別人のようだった。


なぜ、こんな言い方と態度をされないといけないのだろう?と
思いながら、話を続ける。

最後には、「で、ほかに質問あるの?」と言われた。


わたしも、長い間カスタマー・サービスをしているけど、
いくらアメリカでも、こういう態度の店員はめったにお目にかかれない。



「ありがとう」といって、その場を立ち去ろうとした。



でも、どうしてもしっくりこなくて、彼女にこう聞いてみた。


「私がなにかあなたを怒らせるようななにかを言いましたか?」
「私があなたの機嫌を悪くさせたのですか?」



彼女の答えは、
「自分のことは、自分で世話をしろ。
私にたずねるな。私が売っているこの商品に頼るな。
あなたが本当に必要だと思うなら、またわたしに会いにこればいい」

そう、言われた。



ま、その通りだなと思って、
「そうね、ありがとう」といってその場を去ったけど
彼女の怒りが、私に飛び火しそうになり、
どうして、彼女にそんなこといわれなくっちゃいけないのか?!
と、イライラしてくる気持ちを一生懸命消火した。



そのあと、友人にその話をし、
たまたまその日ばったり街中であった友人にも同じ話をした。
その友人も、スピリチュアルな力をもっている。




でも、私にもわかっていた。




「これは、なにかのメッセージ」





怒りながら彼女が私に投げかけた言葉。

それは、、
「あなたは、ものすごくストレスがたまってる。
自分が思っているよりも、たくさんのストレスが身体の中にたまりつつある。
まずは、自分のことを大切にしなさい。自分のことを一番に世話をしてあげること。
あなたが、きちんとした状態でなければ、誰も助けてあげることはできない」


そういわれた。


たしかに、思い当たる節あり。


でも、そぉんな怒らなくたって・・・・・(冷汗)




彼女の店は、たくさんの人がひっきりなしに訪れる。
悩みをもった人や、たまたま通りかかった人、
評判をきいて、彼女めがけてやってくる人、
お客様は、さまざま。



たくさんの人がやってくるからこそ、
たくさんの人のエネルギーの影響を受けるからこそ
自分をしっかりもたないと、彼女のようになる。




どうして、私にそんな態度でその言葉をなげかけたのかわからないけど
きっと、私が、そういう言葉を彼女からなげかけられるのも、何かのご縁。


私には、言いやすかったのか、
ただの冷やかしだと思われたのか(買う気満々だったのですけどね)
でも結局、私は、彼女の鏡になったのだと思う。




実際、最近の私は、よく人から悩み相談を受けたりするし、
落ちている人たちを、ひっぱりあげられないものかと
私は私なりに、導かれるままに、その人たちとかかわっている。



憑依体質の私は、相手の症状がひどいほど、
自分の身体の具合も悪くなる。



それは、きっとエネルギーをわけあっているからだと思う。


私はネガティブなものをクレンジングする方法を知っているし、
そうしてまでも、その人が元気になってくれるのならと
自分の持っている力・エネルギーをシェアしてきた。





でも、もしかしたら、私の中の核の部分が
「ちょっとまってよ、私はどうしたらいいの?」って叫んでいたのかもしれない。




最近、『だれかに依存していないと生きていけない人』と出逢った。
そうなったのは、親の育て方といままでの経験と自分の強い思い込みが原因。
「そこに誰もいてくれないのなら、死んだほうがまし」だとその人は言う。



どうにかできないものかと、上から降りてくる言葉を伝えたり、
私も一緒にできることは、一緒にやってみたり。


いまの私自身には、大きな悩みはない。
それは本当。毎日笑顔でいきていける。


そういう努力をしている。



でもそんなわたしにも、昔、真っ黒だった時期があり、
来る日も来る日も、泣き続けたりしたこともある。
だれの助けもなく、どうやって抜け出していいか恐怖と戦っていたことがある。

だからこそ、闇の中で苦しんでいる人たちの気持ちがわかるし
どうにか助けてあげたいと想う。



でもね、人に依存して生きていくのは、やめたほうがいい。
一生、同じ人に依存して生きていくのは、相手がかわいそうなのであり、
それがどれだけ相手の負担になるのか、依存している本人は気づかない。




自分の足でがんばって立っているからこそ、
相手と一緒に引き合って立っていける。



人とかかわって、助け合って生きていくことって
すばらしいことだし、大切なこと。


でも、その関わっていく人たち自身が、
ちゃんと自分の二本足で立っていてくれないと
長いスタンスでつきあってられないんだなぁって、つくづく思う。



そりゃぁ、人間だれでも弱いから、立ってるのがしんどくなって
つらくなって、なにかによりかかったり、しゃがみこんじゃったりする。


そういう時は、もう一度立てるように
エールを送ったり
重い荷物を少し持ってあげたり、
立てるように引っ張り上げたりしよう。


それが友である。


でも、私自身も、自分の足2本で立っているのだ。
つらくても疲れても立ち続けるように努力し
そして、自分の重い荷物も抱えている。


少しの間なら、ほかの人の荷物も背負ってあげられる。

私を頼って、よりかかるその身体と心を
まっすぐ立てるように、おさえててあげられる。


でも、もう一度言おう。
私自身も、自分の二本足でふんばって立っている。


だから、組体操と一緒で、同じように同じ力で引き合ってないと
きれいな形で一緒には立っていられないのだよ。


がんばってる人、立ち上がろうとしている人には、喜んで、手を貸そう。


「自分が変わる気がない人」、「立ち上がる努力をしない人」は
この先もずっと、人を変え、場所を変え、
その時々によりかかれるものによりかかって生きていくのだろう。



お互いずっと一緒にいたいのなら、最初に戻るけど、
お互いが自分の足で立ってないとね。
少なくても、「立とう!」という気持ちがないと。


私は、相手を背負ってまで、前へ進もうとは思わない。
自分の家族や愛する人は別だけど・・・。


彼らの人生は彼らのものであって、
私の人生は私自身のもの。
彼らの人生に、私は一切責任はとれないんだよ。

それをね、はきちがえないようにしないと、ね。

人に手を差し伸べるって大変だ。


☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆





”だから、Leihanuさんは何がいいたいの?”


って、想われちゃうかもしれないけど、




両足を思いっきりふんばって、重い荷物を背負って
それが不恰好でも、がんばって立っている人、・立とうとしている人



そういう人たちを応援していこう。


そして、それ以上にちゃんと自分の足元をみて、
まっすぐ立ち続けよう!



何を言われても、なにが起こっても
笑顔でまっすぐ立っていられるように。。。



(*ほんと、わけのわからない話ですみません。
最後までよんでくださったから、ありがとうございます。
読み流してくださーい。)










スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kopelani.blog129.fc2.com/tb.php/18-aa549400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leihanu

Author:Leihanu
♪Kopelani通信♪へようこそ!

Leihanuと一緒に
ひとときのコペラニ・タイム♪

コペラニとはハワイ語で
Kope=コーヒー
Lani=天国 です。

いい香りの天国のコーヒー
「コペラニ」とともに
ごゆっくりどうぞ♪



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。